美容液をたっぷり

次にお話しする洗顔料は汗、垢、古い角質という、肌の余分な汚れを落とす役割を持っています。そのため、化粧をした日は、その夜にはクレンジングと洗顔の両方を行う必要があります。寝ている間にも汗や皮脂が多く分泌されることもありますので、朝も洗顔することは大事なポイントです。

洗顔料も落とすことが目的なので、クレンジングと同様に落とす以外の目的に使用されてはなりません。次に洗顔後に失われた潤いを補給される必要があります。美容液が使用される訳ですが、時間がなくてどれか1つしかスキンケアアイテムを使えないなら、迷わず美容液だという人たちも多いようです。乾燥したら化粧水というのではなく、乾燥したら美容液を重ね塗り、そしてたっぷりと睡眠を取るという方が全然効果的です。

化粧水は、完璧に保湿をしてくれるものではないということをしっかり頭に入れてください。保湿が何かと言えば、外からの水分補給をすることではなくて、身体の中から沸き上がってくる水分をしっかりキープすることです。化粧水がどのような目的を持っているのかと言えば、表皮の状態を整えて、後につける美容液の効果を高めるだけのものと考えておきましょう。

また、化粧水をつけた状態を維持できる肌にする事も大事なのです。外側からいくら保湿をしようとしても、水分の抜けやすい肌状態では意味がありません。洗顔で清潔になった肌に、吸水力を高めるスキンケア用品を使用してあげることで、後につける化粧水を確実に吸水して浸透してくれますそのひと手間でニキビやアトピーといった肌トラブルを防げるのであれば万万歳です。綺麗な肌を保つことは努力と繋がっていると考えてよいでしょう。手間を惜しまず、自分の肌と毎日向き合ってあげることが大事です。

参考資料→https://www.hadajuntou.com/
洗顔後に使う浸透力の高いスキンケア用品を通販しているみんなの肌潤糖です。

クレンジング

スキンケア商品を使うとき毎日違うものを使用していたり、すぐに流行りの化粧品に飛びついてしまったり、知り合いや芸能人が使用している化粧品ということで、使わずにいられないと言ったことや、新しい化粧品は絶対に挑戦したいと思ったり、高額化粧品で満足していたり、そのような人たちをスキンケアジプシーと言います。

実際に自分の肌に合っている化粧品は何かと言うことが考えられていないのです。そのような化粧品がスキンケアの効果など全然もたらさず、肌にただ悪影響ということになっているのかもしれません。 なんのために私達がスキンケアをしなければならないかということをしっかり理解してください。

クレンジングとは、化粧を落とすために存在しています。ほとんどの化粧品では油性が含まれているので、水では落とすことができずにクレンジングで落とすということをしていきます。化粧をするということは人工で作られたものを肌につけていく訳ですから、かかる負担も相当です。化粧をしてないという人たちは、別にクレンジングを使用する必要は全然ありませんし、クレンジングには、化粧を落とす以外の目的を考えるべきではありません。

クレンジングと同時にマッサージをすると言う人たちもいるようですが、そのような行為はもっての他です。同時に肌に刺激を与えていることになり、スキンケアなどとは到底言うことが出来ません。

スキンケアの方法

なぜスキンケアをしなければならないか、ということについてここでお話しをします。多くの人たちは、日々念入りにケアを行っています。もし、ケアに無頓着な人が、いつも潤いある肌を維持出来ているとすれば、それはもはや奇跡に等しいです。

逆に、毎日頑張ってケアをするというモチベーションも、正しいかと言えばそうではありません。正しい方法で行っていなければ、いくら頻繁にケアをしていたとしても意味がありません。肌をケアする化粧品は何かと言えば、メイク落とし(クレンジング)、洗顔料、美容液(保湿)、 更に日焼け止め程度のことを考えればいいのです。これだけ化粧品が揃っていれば、健康的な肌を維持することが出来ます。面倒くさいから段々とケアをしなくなってしまったという人たちも多いはずです。これだけならそんな心配も要らないのではないでしょうか。

とにかく、これら化粧品に徹底して、家を出ないから大丈夫だろうと思って、保湿や紫外線対策をサボると言うこともないようにしてください。家の中でも乾燥状態は続いてますし、家の中にも外からの紫外線が入って来るので、紫外線対策に配慮しなければなりません。メイクはしっかりと落とし、洗顔料で汚れや余分な皮脂を洗い流して、美容液でしっかり保湿するモチベーションが大事です。

乳液などの油でフタをしないでいいのかと思うかもしれません。しかし、油でフタをするのが当たり前と思われていた時期もあるようですが、現在は保湿成分の方が効果的と言われています。更にケアについてお話しします。